CALENDAR
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 起業家支援サポートについて | main | 建設業許可における一式工事の考え方について >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 士業ブログへ
    | - | | - | - | pookmark |
    NPO法人における代表権に関する変更登記手続について
    0
       

      いつもありがとうございます。浅井順です。

       

       

      今僕の方で尽力しているものとして、これから介護事業を

       

      始める方向けのセミナーの開催を予定しておりまして、

       

      現在その準備を進めております。

       

      司法書士、社会保険労務士、税理士、行政書士が講師を

       

      務め、起業時の法務に関しお話しする予定でおります。

       

      6月または7月頃開催する予定ですので、その際はまた

       

      こちらで告知させて頂きます。

       

       

      さてさて、本日はNPO法人における代表権に関する

       

      変更の登記手続きについてお伝えしたいと思います。

       

       

      -----------------------------------------------------

      NPO法人における代表権に関する変更登記手続について

      -----------------------------------------------------

       

       

      NPO法人を運営されている会社については、もう既に

       

      東京都よりお知らせが届いていることと思いますが、

       

      4月1日からの法改正に伴い、ほとんどのNPO法人に

       

      おいて、「代表権に関する変更の登記手続き」というもの

       

      を行う必要があります。

       

       

      1.代表権に関する変更の概要

       

      これまでNPO法人の理事は、全ての業務について

       

      法人を代表し、定款をもってその代表権を制限することが

       

      できましたが、理事の代表権に加えた制限は、善意の第三者に

       

      対抗することができないとされていたため、法人の内部に

       

      おいて「理事長」のみが法人を代表する旨の定款の定め

       

      (理事長以外の理事の代表権を制限する趣旨の定め)が

       

      あっても、理事全員を「代表権を有する者」として登記

       

      しなければならないとされていました。

       

       

      しかし今回の改正で、理事の代表権に加えた制限を善意の

       

      第三者に対抗することができないとする法律の規定が削除

       

      された一方、「代表権の範囲又は制限に関する定めがある

       

      ときは、その定め」が登記事項とされました。

       

      その結果、定款に例えば「理事長」のみが法人を代表する


      旨の定めがある法人については、平成24年4月1日から


      6か月以内に、理事長以外の代表権を制限された理事


      (代表権を有しない理事)について、「平成24年4月1日


      代表権喪失」を原因とする変更の登記をしなければならない


      こととされました。

       

       

      2.必要書類

       

      この変更の登記の申請書には、…蟯勝↓定款の規定に基づき

       

      理事長を選定したことを証する書面(選定当時作成された

       

      理事の互選書等)及びM事長の選定当時の就任承諾書を

       

      添付する必要があります。

       

       

      なお、代表権を有する例えば「理事長」に選定されている


      理事については、変更の登記をする必要はありませんので、


      御注意ください。

       

       

       

      後記

       

      上記の通り、定款に「理事長は、この法人を代表し、その

       

      業務を総理する。」等の代表権に関する規定を置いている場合、

       

      平成24年9月末日までに所轄の登記所で登記の変更手続き

       

      が必要です。

       

      期限内に変更の登記を行わないと過料の対象となりますので、

       

      定款の条文をご確認の上、忘れずに手続きを行うように

       

      しましょう。


         
                                                        以上


       

       

      にほんブログ村 士業ブログへ
      | 法改正等 | 07:54 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        にほんブログ村 士業ブログへ
        | - | 07:54 | - | - | pookmark |
        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2012/05/26 6:05 PM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://j-asai.jugem.jp/trackback/223
        トラックバック