CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
PR
ARCHIVES
CATEGORIES
RECOMMEND
RECOMMEND
MOBILE
qrcode
<< 起業家の方が活用される主な助成金について | main | 特例子会社制度について >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    にほんブログ村 士業ブログへ
    | - | | - | - | pookmark |
    4月以降の認定NPO法人制度について
    0
       

      いつもありがとうございます。行政書士の浅井です。

       

      最近体を鍛えるのにはまっておりまして、

      週に2回ジョギングをするのと別に、毎日20分ほど

      筋トレとストレッチを行っております。

       

      筋肉がついてくるのが嬉しくて、毎日筋トレするのが

      楽しみな位はまってしまっています。

       

      体を鍛えると、なぜか自分にも自信が持てるように

      なるので、それも大きな要因ですかね。

       

      さて、本日は4月以降の認定NPO法人制度について

      お伝えしたいと思います。

       

      -----------------------------------------------------

      4月以降の認定NPO法人制度について

      -----------------------------------------------------

       

      認定NPO法人制度は、NPO法人への寄付を促す

      ことにより、NPO法人の活動を支援するために税制上

      設けられた措置として、NPO法人のうち一定の要件を

      満たすものについて、これまで、国税庁長官が認定を

      行う制度でしたが、今回の法改正により、所轄庁が

      認定を行う新たな認定制度として創設され、平成24

      41日から実施されたものです。

       

      1.認定NPO法人とは

      認定NPO法人とは、NPO法人のうちその運営組織

      及び事業活動が適正であって公益の増進に資するものに

      つき一定の基準に適合したものとして、所轄庁の認定を

      受けたNPO法人をいいます。

       

      2.仮認定NPO法人とは

      仮認定NPO法人とは、NPO法人であって新たに

      設立されたもの(設立後5年以内のものをいいます。

      ただし、平成27331日までは設立後5年を超えた

      NPO法人も申請をすることができます)のうち、その

      運営組織及び事業活動が適正であって、一定の基準に

      適合したものとして、所轄庁の仮認定を受けたNPO

      法人をいいます。

       

      3.認定の基準

      ・パブリック・サポート・テストに適合すること。

      ・事業活動において、共益的な活動の占める割合が

      50%未満であること。

      ・事業報告書などを所轄庁に提出していること。

      ・法令違反などがないこと。

      ・欠格事由に該当しないこと。

      ・設立から1年を経過していること。

      等です。

       

      4.寄付金について

      以下二つの要件を満たしたものを寄付金といい、名称が

      賛助金や助成金といったものであってもこの要件を満たせば

      寄付金になることがあります。

       

      「支出する側に任意性があること」

      ⇒ 寄付金を出す寄付者自身が、出すか出さないかを

      自由に決定でき、かつその金額を自由に決めることが

      できること。

       

      「直接の反対給付がないこと」

      ⇒ 寄付者が、支出した寄付金の代わりに、一般に

      流通するような商業的価値を持つ物品やサービスなどを

      受け取らないこと。お礼状や活動報告、無料の会報など、

      商業的に一般に売買されていないようなものは、反対

      給付にあたりません。

        

       

      後記

       

      認定NPO法人を目指すことで、税制上以外にも

      例えば以下のようなメリットもありますので、

      現在NPO法人を運営されている事業者様では、

      是非認定NPO法人を目指してみてはいかがで

      しょうか。

      ・認定を受けるのに経理や組織のあり方を見直す

      ので、それに伴い内部管理がしっかりします。

      ・より一層の情報公開など行うので、社会からの

      認知度や信用が高まります。

                                               以上

       

       

      にほんブログ村 士業ブログへ
      | 法改正等 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
      スポンサーサイト
      0
        にほんブログ村 士業ブログへ
        | - | 08:08 | - | - | pookmark |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://j-asai.jugem.jp/trackback/219
        トラックバック